お知らせ

中山間地で介護サービスのモデル事業 県社福審議会

県社会福祉審議会(中島豊委員長=長野大学社会福祉学部教授)は15日、県庁で会合を開き、2017年度県一般会計当初予算案の概要を説明した。医師、福祉人材の確保対策事業を引き続き重点項目とするほか、地域包括ケア体制推進事業に35億円を投じ、中山間地への介護サービス提供のためのモデル事業を実施するとした。
Powerd by times-net 医療タイムス社