お知らせ

県看協が将来ビジョン策定 6月の総会で公表へ

県看護協会(三輪百合子会長)は、2025年に向けた保健・医療・福祉体制の現状や課題に向けて、目指す方向性を示す将来ビジョンを策定しており、6月の総会で公表する。三輪会長は「ビジョンの実現に向け事業内容をどう展開していくか、今後策定する中・長期計画を進める上での基盤としていきたい」と話している。
Powerd by times-net 医療タイムス社