お知らせ

「契約社員」が多い医療福祉 県の労働環境調査 

県は昨年9月に実施した県内13産業1899事業所の「2016年多様な働き方等労働環境実態調査」結果をまとめた。それによると、医療福祉関係は、非正社員のうち「契約社員」が10.5%と、全13産業中、契約社員の割合がサービス業12.5%に次いで多いことがわかった。
Powerd by times-net 医療タイムス社