お知らせ

「ここで働けて良かった」と思える病院に 松本協立、新棟開設

松本協立病院(具志堅進院長)は、昨年1月から老朽化に伴う新築工事を進めてきた新棟(南棟)を6月1日にオープンする。具志堅院長は、感染防止強化をはじめ、機能・外観ともにより良い療養環境が提供できるとし、「地域の中核病院が元気でいることが重要。職員にとっても機能的で快適な環境が整った。『ここで働けて良かった』と思える病院にしたい」と抱負を語った。6月から既存棟改修に着工し、来年4月にはグランドオープンする。
Powerd by times-net 医療タイムス社