お知らせ

カテーテル受け台が最高賞  アイデアコンテストで2年連続、諏訪日赤

諏訪赤十字病院(梶川昌二院長)は11日、カテーテルの接続口が他の物に触れないように置けるホルダー「カテーテル受け台」を開発し、国際モダンホスピタルショウ2018(7月11日~13日、東京ビッグサイト)の特別企画「現場のひらめきをカタチに!第11回みんなのアイデアde賞」でグランプリを獲得したと発表した。同賞は医療・介護従事者の工夫やアイデアを審査し、応募総数35点の中から同企画としては初めて2年連続最高賞に輝いた。
Powered by times-net 医療タイムス社