開業支援実績

つちかね整形外科クリニックさま

tuti01.jpg
tuti02.jpg
tuti03.jpg
tuti04.jpg
tuti05.jpg
tuti06.jpg
  • 土金彰 先生
クリニック名 つちかね整形外科クリニック
所在地 長野県駒ヶ根市赤穂小町屋10964
診療科⽬ 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
開業日 2007年9月 5日

開業して感じたことは、
『患者さんとの距離が非常に近くなった』ということ

9月5日に開業して1ヶ月余りがたちました。開業初日に多くの患者さんが来院されて9時半まで外来をやったのが、遠い昔のように感じます。患者さんの数は少しずつ増えていますが、時には定時で終わることもできるようになり、落ち着いてきました。開業して感じたことをいくつか書いてみます。

まずは病院勤務と開業医の仕事内容に大きな違いを感じます。病院でももちろん外来勤務をやりましたが、対象となる患者さんは手術および入院治療の必要な方が多く、そういう意味ではかなり専門性が必要とされ、症状がよくなるまでかなり時間が必要でした。一方、開業医としての整形外科は保存的療法が主ですが、目の前にある痛みや痺れなどの症状に対して迅速な対応が要求されます。そのために患者さんへの指導、投薬、注射、リハビリテーションなど限られた手段を使って、症状の改善に努めなければならないのが大変であり、また面白いところでもあります。

病院勤務時代と比べて患者さんとの距離が非常に近くなった感じがします。勤務医時代は外来診療時間が限られていたため、月に何回も患者さんを診療することはありませんでしたが、開業してからは毎週のように来院される方も少なくはなく、決して長い時間ではありませんが、話す機会が増えました。また病院と比べ軽症の方が多いせいか、治療に対する反応が良く、以前より患者さんに感謝される機会が多く、医者冥利に尽きるところです。

病院勤務時代は仕事以外の雑用や人間関係などのストレスが多く(これが開業した一因ではありますが)、拘束時間以上につらいことがありました。開業してからも仕事量は多く責任も重くなり、それなりのストレスはありますが、一緒に働くスタッフが皆いい人たちばかりでそういう点では大変感謝していますし、楽しく仕事をさせてもらっています。開業するにあたり、スタッフ選びは最も重要だと感じました。
開業を決心した1年半前頃ははっきりした理由もなく計画をスタートしましたが、今は開業してよかったと感じています。

開業医研究所からコメント

土金先生、改めましてご開業おめでとうございます。
予想を上回る順調なスタートが出来ました事、当研究所としても大変喜ばしく思っております。
先生のおっしゃるように開業がスムーズにスタートできるかどうかはスタッフさんの力が大きく影響するように思えます。
その意味では土金整形外科クリニックのスタッフの皆さんは明るく、手際よく見ていても本当にさわやかに感じます。
先生のお人柄に引かれ良いスタッフさんに集っていただいたのだと思います。
またこれは研究所メンバー全員一致の意見ですがの奥様の影響力も相当に大きいと感じています。
いつも率先して明るくメンバーを引っ張っていていますよね。
是非この良い雰囲気を継続していただき更に地域の皆さんに安心を与えれる診療所を築いてください。

ありがとうございました!